on WeChat

Wechat

Scan and Follow Us

Hot News more

default

日本技術の高速鉄道 イギリスで営業運転を開始

 イギリスで16日、大手電機メーカーの日立製作所が新幹線の技術を生かして製造した高速鉄道の車両が営業運転を始め、鉄道発祥の地での実績が日本メーカーの受注拡大につながるか注目されます。 イギリスでは、主要都市を結ぶ鉄道で老朽化した車両を更新する総事業費8000億円のプロジェクトが進行中で、日立製作所が866両の車両の製造を受注しています。 16日、首都ロンドンとウェールズ地方の300キロを結ぶ路線で、この車両を使った営業運転が始まり、緑色の真新しい列車が大勢の客を乗せてロンドンの駅を出発しました。 最高時速は200キロで、騒音を抑える工夫などに新幹線の技術が導入されていて、乗客は「とても静かで乗りやすい」とか「車内がきれいで快適です」と話していました。 今回の車両は、山口県で製造してイギリスで仕上げたもので、今後は、納入される列車の大半が現地で生産されます。 ボディには神戸製鋼所がデータを改ざんしていた製品が使われていますが、日立の正井健太郎常務は「きちんと検証をしており安全性に問題ない。今回の問題は残念だが安全な製品を届けることがメーカーの責務だ」と強調しました。 鉄道発祥の地、イギリスでは、ロンドンと中部の主要都市を時速360キロで結ぶヨーロッパ最大規模の鉄道プロジェクトも計画されていますが、メーカーの競争は激しさを増していて、今回の実績が日本メーカーの受注拡大につながるか注目されます。激化する世界の鉄道受注競争 世界の鉄道市場は20兆円規模と見込まれていて、高速鉄道の建設計画が相次ぐ新興国だけでなく、先進国でも老朽化した車両を更新するための需要が拡大し、受注獲得をめぐる競争は激しさを増しています。 そうした中、ヨーロッパで圧倒的なシェアを占めるのは、ビッグ3と呼ばれるドイツのシーメンス、フランスのアルストム、それにカナダのボンバルディアです。 このうちシーメンスとアルストムは先月、開発力を強化するため鉄道事業を統合することで基本合意したと発表し、鉄道関係者の間に衝撃が走りました。 この2社が統合に動いた背景にあるのが、世界市場でのシェアを拡大させる中国メーカーの存在です。中国では2015年に国内の車両メーカー2社が合併して誕生した「中国中車」が海外市場の開拓に乗り出しており、低価格を武器に先進国の市場でも攻勢を強めているのです。 日本は成長戦略の柱として鉄道などのインフラ輸出を積極的に進める方針ですが、事業規模で勝るヨーロッパや中国のライバルメーカーが次々と手を打っており競争は一段と激しさを増しています。
default

円相場 米の長期金利上昇受け値下がり

​​​​​​​ 17日の東京外国為替市場は、アメリカの長期金利が上昇したことを受けて、より高い利回りが見込めるドルを買って円を売る動きが出て、円相場は値下がりしています。 市場関係者は、「アメリカの中央銀行にあたるFRB=連邦準備制度理事会の議長の選考をめぐり、トランプ大統領が利上げに前向きだとされる候補者と面談し、好印象を得ていると伝えられたことで、長期金利が上昇したため、より高い利回りが見込めるドルを買って円を売る動きが出ている」と話しています。
default

“星”の合体 重力波と光初観測、宇宙の謎 解明へまた一歩

 宇宙の謎解明へ、また一歩前進です。「中性子星」と呼ばれる星が合体した際に出た重力波と光が、世界で初めて観測されました。 これは今年のノーベル物理学賞に決まったアメリカの重力波望遠鏡「LIGO」などの研究チームが発表したものです。今年8月、地球から1億3000万光年離れた銀河で、中性子星と言われる密度の高い星2つが合体し、その際に出た重力波を世界で初めて観測しました。 また、日本の国立天文台などの研究チームも、合体した際に放たれた光を世界で初めて観測しました。このデータの分析で、合体した際に鉄より重い元素が合成された可能性があることが分かったということです。「合体して飛び出していくものの中には『金』『プラチナ』『ウラン』『レアアース』といった鉄より重い元素ができるということが予想されてきた。今回の発見は少なくとも、この現象(中性子星の合体)で重元素が合成されたということを検証できたのではないか」(国立天文台 田中雅臣 助教) 鉄より重い金やプラチナは宇宙でどのようにしてできたのか謎でしたが、今回の観測で研究が進むことが期待されています。
default

松山英樹、16アンダーで今季初戦5位「いいショットはゼロだった」

米男子プロゴルフツアー CIMBクラシック最終日(15日、マレーシア・TPCクアラルンプール) 4位で出た松山英樹(25)=LEXUS=は3バーディー、2ボギーの71にとどまり、通算16アンダーの5位で今季初戦を終えた。首位スタートのパット・ペレス(41)=米国=が24アンダーまで伸ばし、ツアー通算3勝目を挙げた。 ビッグスコアでの6打差逆転を目指したが、しのぐのが精いっぱいだった。「いいショットはゼロだった。収穫はない」と口を真一文字に結んだ。前日は31をマークした前半でバーディーは1つだけ。11番で3メートルのチャンスを生かしたものの、続くパー4では2打目をグリーン奥の斜面下まで落とし、13番は3パット。連続ボギーに「もったいなかった」と肩を落とした。 大会前の体調不良は試合に入り、スポットで帯同した金田相範トレーナー(35)の支えもあって改善した。「良くはなったが無理するとまた悪くなる。しっかり休んで次に向かいたい」と松山。1週あけて、次は世界選手権シリーズ、HSBCチャンピオンズ(上海)で大会連覇に挑む。​​​​​​​
default

日経平均株価 NY株上昇など受けことしの最高値更新

​​​​​​​ 週明けの16日の東京株式市場は、13日のニューヨーク市場で株価が上昇したことなどを受けて買い注文が広がり、日経平均株価は取り引き時間中としてことしの最高値を更新しています。 日経平均株価、午前の終値は、先週末の終値より132円94銭高い2万1288円12銭。東証株価指数=トピックスは、15.45上がって1724.07となっています。午前の出来高は、9億3112万株でした。 市場関係者は「13日のニューヨーク市場で株価が上昇したことなどを受けて、取り引き開始直後から半導体やIT関連企業をはじめ、多くの銘柄に買い注文が広がっている。その一方で、当面の利益を確保しようという売り注文も出ていて、株価が勢いよく値上がりしていく展開にはなっていない」と話しています。
default

2017全国大学生芸術年度展示会が山東・即墨で開幕

 当日、7日間にわたる2017全国大学生芸術年度展示会が山東省即墨市の徳馨芸術センターで開幕した。​​​​​​​
default

ハイブリッドの代表であるプリウス、売れ行き低迷に悩む

 2015年12月に発売した4代目プリウスの売れ行きが低迷している。先代の場合、発売から2年間は「生産出来る台数=売れる台数」という好調さをキープしていたものの、現行モデルは発売1年にして対前年比で60%台という低空飛行になってしまった。なぜプリウスが低迷しているのか? 本来なら乗り換え客になるだろう2代目や3代目プリウスの乗っているユーザーや、プリウスを販売している現場に話を聞くと、どうやら三つの大きな要因があるようだ。1)奇抜過ぎるデザインと、2)変わり映えのない性能。3)そして高すぎる価格である。順番に説明したい。 まずデザイン。先代プリウスの場合、素直かつトラッドなデザイン&シルエットを持つ5ドアHBモデルであり、街中でたくさん見かけても飽きない存在だった。加えてタクシーとして使って乗客から不満の出ないリアシートの居住性を持つ。一方、新型プリウスのフロントデザインは奇抜。 目立つためのデザインなのかもしれないが、2代目や3代目プリウスのユーザーからすれば、魅力を感じないという。私も初代から3代目まで全てのプリウスを乗り継いできたものの、現行プリウスは見た瞬間に受け付けず、オーダーしなかった。また、リアシートもルーフが低く快適性で厳しい。 性能も大いに失望した。現行プリウスの開発チームに話を聞くと「燃費を追求しました。3代目より実用燃費で10%程度向上しています。動力性能は同等です」。3代目プリウスでも十分燃費で満足出来ていたため、ユーザーからすれば性能の向上などクルマとしての魅力を向上させて欲しかったところ。 開発陣に聞くと、燃費が3代目と同等でOKなら走る楽しさに直結する性能を大きく改善出来たという。性能向上を実現しなかった点についていえば、世界的に厳しい評価を受けている。同じ販売台数の低迷に悩むアメリカ市場も「もう少し元気良い走りを期待していた」という声が多い。 そして価格。デザインも性能も高い評価を得られていないのに、価格は実質的に10%程度の値上げ。驚くほどお買い得な価格設定とし、生産が間に合わないほどのバックオーダーを受けた3代目と対照的である。結果、値引きしないで売れるクルマの代表格だったプリウスながら、今や普通に値引きを行う。 以上3点はトヨタも認識しているという。年内にも行うマイナーチェンジでこの3点のバージョンアップを行うようだけれど、室内の狭さや絶対的な動力性能は小改良だと無理。フルモデルチェンジしなければ対応出来ない。盤石のトヨタといえども、失敗作を出してしまうあたりが自動車ビジネスの厳しさである。
default

国慶節のゴールデンウィーク、国内観光収入が5836億元に

 中国国家観光局データセンターの総合的な推算によると、国慶節(中国の建国記念日)に伝統的な祝日、「中秋節」が重なった「スーパーゴールデンウィーク」期間中、中国全国では国内観光客のべ7.05億人を受け入れ、国内観光収入は5836億元に達した。うち1-7日を前年同期と比べると、それぞれ11.9%、13.9%増加した。また、商務部の統計によると、10月1日から8日にかけて、全国の小売・飲食企業における実際の売上高は約15000億元に達し、一日当たり売上高は去年同期に比べて10.3%増加した。​​​​​​​
default

浅田真央“自分探しの旅”でみつけた「指導者転身」への道

「5歳からスケートを始めてきました。なにか、スケートとともに歩いて行くのかなと感じています」 9月25日に27歳の誕生日を迎えた浅田真央は、都内のイベントで今年の抱負を語っていた。4月に現役を引退してから半年、これまで浅田は“自分探しの旅”を続けていたという。「今年1月には、ロサンゼルスを訪れています。幼いころ通っていたフィギュア教室時代の親友に会うためだったと聞いています。また引退会見の前には、スリランカへのひとり旅も決行。さらにゴールデンウィーク前には、同じく現役を引退した村上佳菜子さん(22)と1週間の沖縄旅行にも出かけていたそうです。そうした旅を通じて、彼女は『第2の人生をどう生きていきたいのか』と自問自答してきたといいます」(フィギュア関係者) フィギュア漬けだった“青春時代”を取り戻すかのように、世界各地を放浪してきたという浅田。だが彼女がたどり着いた“結論”は、やはりフィギュアだった。「周囲の人からはスポーツキャスターや舞台女優としての転身も薦められていたそうです。でも先日、彼女が『私、やっぱりフィギュアスケートが好き。離れることなんてできない』と漏らしていたんです」(前出・フィギュア関係者) 現時点では今後について明言していない浅田。だが実はすでに、ある計画を明かしていた。「浅田さんは、指導者としての道を模索し始めています。『ノービスクラスの選手を育ててみたい!』とも言っていたそうです。小学生の彼女たちを1から教えることで、世界に羽ばたかせてあげたいと考えているようですね。最終結論は平昌五輪後になるかと思いますが、現職のコーチのもとで指導法を学ぶことになるでしょう。すでに、お世話になったコーチなどに相談しているとも聞いていますよ」
default

クリオネの新種、富山湾で発見…専門家も驚く

 クリオネの新種が富山湾の深海で発見された。 富山大学(富山市)が12日、発表した。冷たい水に生息するクリオネの仲間は、日本周辺では北海道のオホーツク海にしか生息していないと考えられてきたため、本州沿岸で生息が確認されたことに専門家も驚いている。 発見されたクリオネの体長は最大約5ミリ。遺伝子解析で新種と確認された。 クリオネが生息していたのは、新潟県上越市沖約10キロと富山市沖約10キロの水深約250~1050メートル付近の深海で、水温は0~2度ほど。同大理学部が7、10日、調査船を使ってこの海域で深海生物を採取したところ、計約100匹のクリオネが捕獲された。 クリオネは微小な巻き貝を餌としているが、この巻き貝は大気中の二酸化炭素増加に伴う海水の酸性化に弱い。クリオネの存在は、海水の酸性化の指標になるという。 富山湾のクリオネ調査に加わった北海道蘭越町貝の館の山崎友資館長は「これまでベーリング海まで行かないと調査できなかったクリオネの生体が、富山湾で発見されたことに驚いている。日本の海洋学や地球科学の発展にもつながる」と話した。 クリオネは標準和名「ハダカカメガイ」で、海中を浮遊する貝の仲間。2016年には、オホーツク海で新種が約100年ぶりに確認されており、今回の発見で世界のクリオネは計5種となる。
default

「豚乳 なぜ飲まぬ?」 帯畜大林田さんが研究 学会で表彰される

 牛やヤギと異なり、豚のミルクはなぜ利用されないのか-。この疑問を解決するため、帯広畜産大大学院修士課程1年の林田空さん(23)は、味や搾乳方法の観点から豚ミルク利用の可能性を研究している。独創的な研究が評価され、9月に富山県で開かれた日本哺乳類学会では学生口頭発表優秀賞を受けた。 林田さんは豚の研究を進める中で、世界を見渡しても豚ミルクを利用する文化がないと知り、興味を持った。まず苦労したのは搾乳方法。豚は子豚が乳頭を刺激しないとミルクが出ない上、1時間に1回の頻度で授乳するが量は少なく、1回当たり10~20秒しか出さない。このことから、研究で豚ミルクを使う場合はホルモン注射を打って採取するのが一般的という。 自然な状態で搾乳するため、林田さんは帯広農業高の生徒と一緒に手法を検討した。その結果、手搾りという原始的な方法を採用。帯広市内の豚舎に朝から夕方まで張り付き、子豚がミルクを吸った後に搾った。 豚ミルクを手に入れた後は、家畜として利用している牛やヤギ、ヒツジのミルクと味を比較。味覚センサーで客観的に評価すると、他の3種類に比べて「うま味コク」が突出して高く、「渋味刺激」「塩味」などが極めて低い結果となった。実際に豚ミルクを飲んだ林田さんは「こってりした感じで、若干の甘さはあるが、雑味が強い。なじみのない味が、敬遠されてきた理由では」と分析する。 ミルクで育つ子豚は1日1キロ体重が増えるなど栄養は豊富で、利用価値は高いと考えている。林田さんは効率的な搾乳方法を検討するとともに、味や匂いの成分分析を進め、チーズ加工など食品分野に活用できないか探る。 健康に育てられたSPF豚のおいしさに魅了され、幼少期に豚好きになった林田さん。将来は農場や繁殖・餌の研究など豚に関わる仕事を志している。学会での受賞については、「研究テーマが特殊過ぎたが、評価され自信になった。豚肉加工を含め、豚舎から食卓まで幅広く研究していきたい」と話す。
default

スペインの黄金時代、再現…プラド美術館展 東京と神戸で

 スペイン・プラド美術館が誇る名品を紹介する「プラド美術館展ベラスケスと絵画の栄光」(読売新聞社など主催)の記者発表会が20日、東京都港区のスペイン大使館で行われた。ベラスケスの傑作7点を中心に、17世紀スペインの国際的な画壇を再現する。東京・上野にある国立西洋美術館の川瀬佑介主任研究員は「西洋美術史上最大の画家のひとりであるベラスケスの魅力を堪能してほしい」と話した

Real Estate/Education more

Relax Place Rec. more

LatestReviews

Partners Recommendation

Feedback

Make foreigner know China more and make foreigner enjoy more convenient life

广州市乐盟窝信息科技有限公司

©2003-2017 helpyou365.com All Rights Reserved. 乐盟窝版权所有 备案号:粤ICP备16055677号

Get the info, hit the road